身近な電波

携帯電話の普及で、 一人一人がパーソナルに電波を利用する時代になりました 。手のひら辺りから電波が出てい るので、まさに身近な電波です。電波は見えませんが、そこにあることは携帯のアンテナマークの表示で確かめられます。電波が微弱な場所ではこの表示が消えて、通話できなくなることも経験するでしょう 。最近の携帯は地デジの電波も受信できますが、本 体に小型アンテナが内蔵されているので、どの辺りにアンテナがあるのかわ かりません。 アルミホイルで、包むと、テレビ画面の表示がフリ ーズしてしまいました。 どうやら電波は、金属で囲むとさえぎられるようなのです。 携帯電話はビルの中のオフィスでもかけられます。地下道を歩いているときにも着信することがよくありますが、電波はどこから来てどこへ出ていくのでしょうか? 新幹線のデッキで携帯電話をかけたことがあるでしょう 。 時速 300km 近い速度で移動しているのに、電波はどこへ向かっているので
しょうか? 身近な電波は「不思議の宝庫」です。

返信を残す

必須項目には印がついています*